ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 和食 > 鶏の竜田揚げ

レシピ集 和食

鶏の竜田揚げ

しょうゆの色で赤く仕上がるところから、紅葉の名所である竜田川(奈良県)にちなんでこの名がつきました。ご飯のおかずに、酒の肴に、お弁当にと、幅広く活躍するおいしさです。

1

鶏肉は1口大に切り、厚手のビニール袋に入れる。漬け汁の材料を加え、袋の上から手でよくもみこみ、そのまま20分ほど味を染み込ませる。

2

やや残る程度に漬け汁を捨ててから片栗粉を加え、まんべんなくまぶす。

3

サラダ油を中温(160℃)に熱し、鶏肉を揚げる。ゆっくり中まで火を通し、色づいたらいったん取り出しておく。

4

油温を高温(180℃)に上げて、濃く色づくまでカラッと二度揚げする。

5

油をきり、レモンを添えて供する

材料(3〜4人分)

鶏もも肉:2枚(400g)

<窒盾漉>
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ1
しょうが汁:小さじ2

片栗粉:適量
サラダ油:適量
レモン:適量

ONE POINT

しょうがとしょうゆで味つけする竜田揚げは、冷めても味が落ちないので、お弁当にもぴったりです(お弁当用には、漬け汁にみりん少々を加えて作ってもいいでしょう)。また、鶏・豚肉のほか、サバやまぐろ、さんまなどでもおいしくできるので、お試しください。
漬け汁ににんにくのすりおろしを加えたり、五香粉や粉ざんしょうを振ったり、といったバリエーションも楽しめます。
漬け込みや衣づけにビニール袋を利用すると、ボウルを使うよりも漬け汁や粉が少量ですみ、全体にまんべんなくいきわたります。袋が薄手のときは二重にするとよいでしょう。保存用のジッパーつき袋を使うと便利です。

緊急時の連絡先