ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 和食 > ニシンの煮付け

レシピ集 和食

ニシンの煮付け

身欠きニシンと昆布は相性バツグン。冷めてもおいしく食べられ、冷蔵庫で5〜6日は保存できるので、常備菜にもぴったりです。

1

コンロのグリルを熱し、ニシンを弱火で焼く。香ばしさをつけることと、表面の油を取ることが目的なので、ときどきペーパータオルで油を取りながら、焦がさないように両面を焼く。コンロからおろしたら、ペーパータオルの上で冷ます。気になる場合は、腹の薄い部分ごと小骨を漉き取る。

2

だし汁を鍋で熱し、沸騰したら酒としょうゆを加えて煮立て、好みの味に調える。

3

2の鍋に、小さく切った昆布を入れ、半分に切ったニシンを並べる。

4

弱火で20分ほど、味がしっかりしみるまで煮る。

5

器にニシンと昆布を盛り、煮汁をかけて供する。

材料(4人分)

身欠きニシン(ソフト):片身4枚
だし昆布:1cm幅に切ったもの5〜6枚
だし汁:600cc
しょうゆ:30〜40cc
酒:100cc

ONE POINT

身欠きニシンには、カチカチに固い「本乾」もあるので、「生干し」「ソフト」などの表示があるものを選びます。ニシンを煮た後の煮汁でピーマンやナスを煮てもおいしくいただけます。

緊急時の連絡先