ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 和食 > 温泉卵

レシピ集 和食

温泉卵

上手に作れるレシピをA、B、Cの
3バージョンご紹介。いろいろ使えて便利なので、ぜひお試しください。

A

中型の鍋に、卵がかぶるぐらいの湯を沸かし(目安は1リットル前後)、沸騰したところで、60ccの水に大さじ2の片栗粉を溶いたものを回し入れて火を止め、生卵3個を入れる。ふたをして、15〜16分で完成。

B

やかんなどでお湯を沸かし、いったんどんぶりなどの器に注いでから、カップめんの容器(うどんの大盛用のものが最適)に注ぎ、生卵3個を静かに入れる。皿などでふたをして、20分ほどで完成。

C

炊飯ジャーで保温中のご飯の上に、1つずつラップで包んだ生卵3個を入れ、45分〜60分で完成(機種やご飯の量で時間が変わります)。

材料(4人分)

卵:3個
その他(作り方欄を参照)

ONE POINT

*卵の白身は、70℃前後で固まりはじめ、完全に固まるのは80℃以上。一方、黄身は、65℃〜70℃で
 ほぼ固まってしまいます。この温度差を利用して作るのが〈温泉卵〉です。
*上記の時間は目安です。お好みもありますので、何回か試してベストの調理時間を見つけてください。
*画像は、めんつゆを使った和風仕立てです。温かいままでも、冷やしてもおいしくいただけます。

緊急時の連絡先