ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 洋食 > チョッピーノ(イタリア風魚介類のスープ)

レシピ集 洋食

チョッピーノ(イタリア風魚介類のスープ)

サンフランシスコのイタリア人漁師が発祥とされる“アメリカ産のイタリア料理”です。ここでは、日本の家庭で作りやすいようにアレンジしてみました。

1

白身魚、いか、かに等は洗い、食べやすい大きさに切る。えびは頭を取っておく。野菜はそれぞれ指示通りに刻む。

2

鍋に1リットルの水を張り、殻つきの貝、かに、えびの頭を入れて中火で加熱する。貝の殻が開き、沸騰したら火を止め、すべてを取り出し、冷ましておく(えびの頭は捨てる)。スープは漉してとっておく。

3

大きな鍋にオリーブ油を熱し、中火でにんにくを炒める。香りが出たら、玉ねぎ、セロリを加え、全体がしんなりしたらトマトとトマトピューレを加えて、2/3量ほどになるまで20分ほど煮る。

4

赤ワインと2のスープ、ローレル、バジル、オレガノ、タイム、セロリの葉の部分を加えて、中火~弱火で30分ほど、トマトの形がほぼなくなるまで煮込み、セロリの葉とローレルを取り出す。塩、こしょう、レモン汁で調味する。

5

えび、白身魚、ほたて等を加え、火が通るまで中火〜弱火で5~10分煮る。2の貝(飾りの分だけ残して殻は外す)を加え、さらに3~5分煮たら完成。

6

器に取り分け、お好みでパセリを振って供する。ガーリックトーストをたっぷり用意し、スープに浸しながら食べるとおいしい。

材料(4〜5人分)

<魚介類>
たら、金目鯛、めばる等:合計200~300gほど
えび、いか、かに等:合計300~500gほど
ハマグリ(殻つき)、ムール貝(殻つき)、ホタテ(貝柱)等:合計500~700gほど

<スープの材料>
トマト:(ざく切り):5個
玉ねぎ(みじん切り):1個
にんにく(みじん切り):2片
セロリ(みじん切り):1本
レモン汁:適量

オリーブ油:大さじ3
トマトピューレ:150g
赤ワイン:100cc
塩・こしょう:適量
ローレル:1枚
バジル粉末:小さじ1
オレガノ、タイム粉末:各小さじ1/2~1

ガーリックトースト(フランスパン):適量

ONE POINT

ガーリックトーストの作り方:1cm~1.5cmにスライスしたフランスパンに、すりおろしたにんにくを混ぜたバター(好みでパセリのみじん切りを加えてもおいしい)を塗り、トーストする。
にんにくの風味がお好きな方は、手順5の前に1片分をすりおろして加えると、さらにおいしくなります。
スープが余ったら、ご飯を入れてリゾット風に煮てもおいしくいただけます。

緊急時の連絡先