ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 洋食 > 目玉焼きのパスタ

レシピ集 洋食

目玉焼きのパスタ

イタリア風“賄い料理”の応用版です。簡単にできて、やみつきになるおいしさですので、ぜひお試しください!

1

小型のフライパンにオリーブオイルと、包丁の腹でつぶしたにんにく、塩を入れ、ごく弱い火にかける。にんにくに焦げ目がつき、油に香りが移ったら火を止め、小皿などに油とニンニクを移す。卵は室温に戻しておく。

2

大きな鍋に湯を沸かして塩(分量外)を入れ、パスタをパッケージの指定通りにゆでる。

3

パスタをゆではじめたら、時間を見計らって目玉焼きを焼きはじめる。フライパンに1のオイルを大さじ1だけ戻して熱し、卵を割り入れて強火で焼く。

4

パスタがゆだったらお湯をきってボウルに移し、1のオイルで和え、味が足りなければ塩を加え、こしょうを振る。

5

目玉焼きが「白身の縁が焦げているのに黄味はまだ生っぽい」状態に焼けたら、パスタのボウルに入れ、細かく崩してパスタによくからめる。

6

盛りつけ用の皿に移し、熱いうちに供する(目玉焼きを1つ残して上に飾り、食べるときに崩してもよい)。

材料(2人分)

お好みのパスタ:200g
卵:2〜3個
にんにく:2かけ
塩:小さじ1
黒こしょう:適量
オリーブオイル(なければサラダ油):大さじ3

ONE POINT

にんにくといっしょに、鷹の爪や細かく切ったアンチョビを2〜3尾炒めると、おいしさがぐんとアップ。粉チーズもよく合います。
パスタは、普通のスパゲッティでOKです。黒こしょうは、ホール(粒)のものを粗く砕き、たっぷり振るのがおすすめです。

緊急時の連絡先