ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 洋食 > 基本のトマトソースのスパゲッティー

レシピ集 洋食

基本のトマトソースのスパゲッティー

イタリア語では、サルサ・ポモドーロ。いろいろなパスタ料理の他、料理用のソースとしても大活躍する、応用自在の基本ソースです。

1

鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかける。低温で油にじっくり香りを移し、にんにくが色づきはじめたら玉ねぎを加え、全体が薄く色づくまで中火で炒める。

2

トマトをざく切りにして汁ごと1の鍋に加え、ローリエの葉を入れて、よく混ぜながら中火〜強火で沸騰させる。火を弱め、時々全体を混ぜながら30〜40分ほど、量が2/3ほどになるまで煮込む。その間、アクは取らなくてよい。

3

塩・こしょうで味を整え、アルデンテにゆで上げたスパゲッティーにかける。すりおろしたパルミジャーノ(パルメザン)チーズなどを添えて供する。

材料(4〜5人分)

水煮トマト缶(400gくらいのもの):2缶
玉ねぎ:中1/2個(みじん切り)
にんにく:1〜2片(みじん切り)
オリーブオイル:大さじ2〜3
ローリエの葉:2枚
塩・こしょう:適量

パルメザンチーズ(粉チーズ):適量

ONE POINT

*粉チーズをかけて食べるだけでも、びっくりするほどおいしいソースです。冷凍保存ができますので、
 たくさん作って小分けにしておくと非常に便利。冷蔵庫でも3〜4日は持ちます。
*3の最後に、殻つきのアサリを加えれば、おいしいボンゴレ・ロッソに。その他、炒めたズッキーニや
 なすを加えたり、ツナと唐辛子の輪切りを加えたり、と、いろいろなパスタに応用可能です。
*また、バジルを加えてピザ用ソースに、魚のムニエルやポークソテーにかけたり鶏肉を煮込んだりと、
 さらに幅広く活躍します。

緊急時の連絡先