ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 中華・エスニック > 中東風なすのトマト煮丼

レシピ集 中華・エスニック

中東風
なすのトマト煮丼

中東イランの家庭料理「ホレシュテ・バデムジャン」を日本流にアレンジしました。

1

なすは皮をむき、全体に塩を振って10分ほど置いておく。玉ねぎは薄切りに。牛肉はお好みの細切りにする。

2

なすの水気をよく拭き、縦に6つ割りにして、さらに半分の長さに切る。

3

フライパンに1cmほどの油を入れて熱し、160℃ぐらいの温度でなすをゆっくりキツネ色になるまで揚げ、油をきっておく。

4

鍋にサラダ油を引いて熱し、玉ねぎを中火〜弱火で薄いきつね色になるまで炒める。牛肉を加え、やや火を強めてさらに炒める。

5

5に、トマトペースト、ざく切りにした水煮トマト、水を入れ、塩・こしょう、ターメリックを加えて混ぜながら煮る。

6

4のなすを加えて煮る。やや煮つまったらレモン汁を加え、塩・こしょうで調味して仕上げる。

7

皿にご飯を盛り、6をかけて供する。

材料(2人分)

ご飯:お茶碗2杯分
なす:大2本
玉ねぎ:1/4個
牛もも薄切り肉:80g
トマトペースト:大さじ2
トマトの水煮缶(ざく切り):100g
塩:小さじ1/2弱
こしょう:少々
ターメリック:小さじ1/2
レモン汁:1/4個
水:150cc
サラダ油:適量

ONE POINT

*「ホレシュテ」は、ペルシャ語で「シチュー」、「バデムジャン」は同じく「なす」という意味です。
*ご飯を、サフランを少量加えて炊いた「サフランライス」にすれば、さらに本格的です。
*サイドディッシュには、酸味を効かせた野菜サラダやマリネがよく合います。

緊急時の連絡先