かに玉|中華・エスニック|レシピ集|個人のお客さま|アストモスリテイリング株式会社

ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 中華・エスニック > かに玉

レシピ集 中華・エスニック

かに玉

卵のやわらかなおいしさと、あんの甘酸っぱさがベストマッチ。あつあつご飯にのせた「天津丼」もお試しください。

1

かにの身は軟骨を除いてほぐし、酒としょうが汁を振っておく。

2

ボウルに卵を溶き、かにの身、かに缶の汁(1缶分)、長ねぎを加えて混ぜ、塩・こしょうで調味する。

3

中華鍋かフライパンにサラダ油大さじ2を引き、中火で熱する。2の卵液を流し込んで大きくかき混ぜ、形を丸く整える。

4

卵が半熟状になり、縁に焼き色がついたところでフライ返しなどで裏返す。両面がこんがりと焼き上がったら皿に移す。

5

空いた鍋に、スープ、グリンピース、酒、酢、砂糖、しょうゆを入れ、よく混ぜながら中火で煮立てる。

6

水溶きかたくり粉を回し入れ、よく混ぜてとろみがついたら、皿に盛った卵にあんをたっぷりかけて供する。

材料(3〜4人分)

卵:4個
かに肉(缶詰):100g
酒:小さじ1
しょうが汁:小さじ1
長ねぎ:1本 (みじん切り)
塩・こしょう:少々
サラダ油:大さじ2

〈甘酢あんの材料〉
スープ:カップ3/4(150cc)
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1
酢:大さじ1と1/2
砂糖:小さじ2〜3
グリンピース:適量
水溶き片栗粉:大さじ2

ONE POINT

*中華鍋は、いったんサラダ油大さじ3(分量外)を強火で熱し、鍋を回してなじませてから捨て、
 改めて分量の油を入れると焦げつかず上手に炒められます。
*小さめの(底のカーブのきつい)中華鍋では、真ん中の部分の卵がなかなか固まらないので、
 大きめのもの(またはフライパン)を使います。
*裏返すのがむずかしいときは、縁からすべらせて皿にのせ、もう1枚の皿をふせて重ねてから返して
 そちらに移し、鍋にすべらせて戻すと失敗がありません。

緊急時の連絡先