ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 中華・エスニック > 焼きビーフン

レシピ集 中華・エスニック

焼きビーフン

焼きそばより軽い食感で野菜がたくさん食べられる焼きビーフンは、ブランチやおやつにもぴったりです。

1

干しいたけは、ぬるま湯に漬けて戻す。絹さやは、さっと下ゆでする。

2

玉ねぎは薄切りに。豚肉、絹さや、ニンジン、ピーマン、干ししいたけは、すべて細切りにする。

3

ビーフンをたっぷりの熱湯で戻し(時間等はパッケージの表示通りに)、ザルにあげて水洗いし、水気をきってからサラダ油大さじ2を回しかけ、手で全体によくまぶしておく。

4

中華鍋(またはフライパン)にサラダ油大さじ2を入れて中火〜強火で熱し、まず、ビーフンを入れて、菜箸でほぐしながら炒め、皿などに上げておく。

5

鍋に、改めて大さじ2のサラダ油を入れて中火〜強火で熱し、しょうが、ニンジン、玉ねぎ、しいたけ、豚肉の順に加えながら炒める。肉に火が通ったところで、ピーマン、もやし、絹さやを加え、ビーフンも加えて、鶏がらスープを回しかけ、菜箸でよく混ぜながらさらに炒める。

6

塩、こしょうで調味し、仕上げにごま油少量を回しかける。

材料(3〜4人分)

ビーフン(乾燥):300g
豚肉(薄切り):100g
干ししいたけ:2〜3枚
玉ねぎ:中1/2個
もやし:100g
ニンジン:中1/3本
絹さや:20g
ピーマン:1〜2個
しょうが(みじん切り):1かけ
鶏がらスープ:100cc
塩:適量
こしょう:適量
サラダ油:大さじ6
ごま油:適量

ONE POINT

*ゆでたビーフンは、くっつきやすいので、水洗いした後、油をまぶしておきます。
 また、フライ返しなどを使うとビーフンが細かく切れてしまうので、手や菜箸を使います。
*具は、上記の他、錦糸卵やニラ、たけのこ、焼き豚等がよく合います。
*乾麺のビーフンは、常備しておくと非常に便利です。焼きビーフンの他、ラーメンのスープを使った
 「汁ビーフン」もおすすめです。

緊急時の連絡先