ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 中華・エスニック > レバニラ炒め

レシピ集 中華・エスニック

レバニラ炒め

ビタミンもミネラルもたっぷりとれる、おなじみスタミナ料理。調味料を先に合わせておく、失敗なしのレシピです。

1

レバーは食べやすい大きさに切ってから大きめのボウルに入れ、流水に5〜10分さらす。その後、水気をよくきってボウルに戻し、下味の材料をからめておく。ニラは5cmほどの長さに、ねぎは1cmの斜め切りに。小さなボウルなどで合わせ調味料を作っておく。

2

中華鍋かフライパンにサラダ油を熱し、みじん切りのにんにくとしょうがを中火で炒めて香りを出す。レバーを加え、両面に焼き色がつくまで炒める。

3

火を強火にして長ねぎを加え、ひと混ぜしてからもやしも加えて炒める。

4

もやしに半分ほど火が通ったところで鍋肌から合わせ調味料を回し入れ、手早く混ぜ合わせて味をからめる。味をみて、足りなければ塩・こしょうで調味する。

5

ニラを加え、さっと混ぜる。ニラの色が濃くなったところでゴマ油を回しかけ、もうひと混ぜしてからすぐに火を止める。

材料(4人分)

豚レバー:400g
ニラ:2束
長ねぎ:1本
もやし:1袋
にんにく:1〜2かけ(みじん切り)
しょうが:1かけ(みじん切り)
サラダ油:大さじ3〜4
ごま油:大さじ1〜2
塩・こしょう:少々

<下味の材料>
しょうが汁:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ2

<合わせ調味料>
しょうゆ:大さじ3
酒: 大さじ4
砂糖:大さじ1

ONE POINT

*ニラを加えたら、火を通しすぎないのがポイントです。「これで大丈夫?」というくらいで
 火を止めると、色もよくシャキッと仕上がります。
*レバーの臭いが苦手な場合は、流水にさらした後、牛乳に30分ほどつけておくとよいでしょう。
 さっと湯通ししてから下味をつける方法もあります。新鮮なレバーが手に入れば、
 上記のレシピでおいしく食べられます。
*下味をつけたレバーに片栗粉をまぶしてからっと揚げ、それを一緒に炒めると、
 ボリュームが出て、また違ったおいしさが楽しめます。
*長ねぎを玉ねぎに変えてもよく合います。また、好みでトウバンジャンを加えてもよいでしょう。

緊急時の連絡先