ホーム法人のお客さま > 業務用・工業用のお客さま > 空調・熱・発電

業務用・工業用のお客さま

空調・熱・発電

空調・発電・熱利用など、用途に応じた幅広いご提案で、
お客さまのエネルギー関連機器を総合サポート

・エネルギー利用の多くを占める空調分野において、省エネ性の高いガス空調GHPをご提案し、電力のデマンド低減によるコスト削減、環境貢献をお手伝いします。

・電熱需要の大きなお客さまには、コ・ジェネシステムによるエネルギー効率利用をご提案します。

・蒸気ボイラーをお使いのお客さまには、排ガス計測による運用改善のアドバイス、水質管理サポートなど、ボイラーの効率利用やメンテナンスを支援します。

ガス空調の「GHP」とは

GHP(ガスヒートポンプエアコン)は、ガスエンジンでコンプレッサーを駆動し、冷暖房を行うものです。EHP(電気式ヒートポンプエアコン)との違いは、コンプレッサーの動力源です。

GHPの特長

省電力効果

GHPはファンモーターなどの補機類以外に電力を使用しないので、消費電力はEHPの約1/10になります。

消費電力の平準化

一年を通して電力消費のピークは冬と夏です。空調にGHPを採用することで、消費電力のピークカットに大きく貢献できます。

GHP導入のメリット

契約電力の削減

契約電力50kWを超えると、受変電設備(キュービクル)の設置が必要となります。消費電力がEHPの約1/10のGHPは、受変電設備容量の軽減に大きく貢献します。
また、EHPは空調負荷の季節増減に関わらず、設備容量に応じた基本料金の支払いが必要となりますが、GHPなら季節増減に応じた料金負担でお得にご利用いただけます。

環境負荷の低減

GHPは、EHPの高効率機種との比較で、エネルギー消費量が約15%減少します。省エネ法対象事業者のお客さまは、エネルギー使用量報告に有利です。

スピーディ&パワフル

GHPの暖房は、ガスエンジンから出る排熱を利用して運転します。除霜運転がないので、短時間で一気に室内を暖めることができます。

「GHP」について、詳しいご説明とご提案をいたします。
当社担当者までお問い合わせください。

緊急時の連絡先